水木しげるロード熱闘記

水木しげるロード熱闘記

¥1,430 税込

送料についてはこちら

いかにして境港は「妖怪のまち」として人気観光地の地位を確立したのか。まちづくりへのおもい、ノウハウを詰め込んだ、まちづくり関係者必読の1冊です。 著者:桝田知身(前境港観光協会会長) 発行:境港観光協会(A5版 226ページ)2010年6月 1993年の水木しげるロードオープンから10年。増え続けていた観光客は減少の兆しを見せ始めた。「このまま手をこまねいていては、減少は加速する…」。 2004年5月、桝田知身が会長に就任。「妖怪のまち」第2章の幕開けだ。 桝田の幅広いネットワーク、矢継ぎ早に繰り出すアイデア、行動力、マスコミへの働きかけ…。2004年に78万人だった観光客が2008年には172万人を数えた。 さらに、2010年に連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」放映、日本流行語大賞に「ゲゲゲの~」が選ばれるなど、「ゲゲゲ」ブームに乗り、この年の観光客は空前絶後の370万人を突破した。